AGAを治せる病院|頭皮の専門家に訊いてみよう

近年増加傾向にある症状

レディ

大切なこと

薄毛の悩みは長年男性だけのものだという世間一般の認識でしたが、近年は女性でも薄毛に悩む人が増加しています。女性の特有の薄毛で最も多いのが、びまん性脱毛症です。これは髪の毛が全体的に薄くなり分け目やつむじが目立ち、進行すると地肌が透けて見えてしまうというものです。女性の薄毛はある程度の年齢を重ねてから起こる症状ではなく、20代や30代でも悩みを抱える人が増えています。原因は様々で、加齢やホルモンバランスの乱れ、ストレス、間違ったヘアケアなどが考えられます。またいくつかの原因が重なり薄毛が起こることもあります。進行してしまうと、対策にもそれ相応の時間やお金がかかります。薄毛が気になり出したら早めに対策を始めることが大切です。

ヘアサイクルが重要

薄毛は様々な原因により、頭皮の血流が悪くなり正常なヘアサイクルが行われなくなることで起こります。ヘアサイクルを正常に戻すために、日常生活で改善できることはないか見直すことが必要です。喫煙や睡眠不足、過度のストレスに間違ったヘアケア、偏った食生活などは禁物です。ポニーテールやヘアカラー、パーマなどの髪の毛や頭皮に負担をかける髪型も避けた方がよいでしょう。また女性の場合、薄毛を気にするあまりにストレスが増えてしまうこともあります。髪の毛は正常な状態でも1日100本程度は抜けるものです。抜け毛や薄毛を気にしすぎることなく、ヘアスタイルや分け目を変えて気分転換を図りましょう。生活習慣を改めても改善がみられない場合は育毛グッズの利用や医療機関を受診することも選択肢の一つです。